投稿日:2014年9月19日カテゴリーblog power spot

久々に息子が遊びに来て、 ハワイ旅行の話をしてくれました。 
泊まっていたカハラホテルで ホールウェイを歩いていると 彼の前をカニが横切って… 
そして、次に歩いたときも 同じカニが 前を横切ったそうです。 
『可哀想に、ビーチから迷い込んだかな?』 と息子は思いました。
 そして夜、テレビを観ていると 「コッ、コッ、コッ…」 ドアをノックする音が。 
でも明らかに人とは違う。
 ドアを開けるとそこにはあのカニが! 
ずーっと息子と目を合わせて 動かずにいたのです。 
『ビーチに戻してあげるね。』 と息子が手を伸ばすと 
まるで『お願いします』のように ハサミと目を下に伏せたそうです。 
たくさんの客室があるのに 息子の部屋をノックしたカニが とても可愛かったと話す息子。
 その話を聞きながら、わたくしは ハワイで飼っていたペットのことを 思い出しました。
 ジャクソンカメレオンの「ドラちゃん」。
 日本に引っ越す直前に 死んでしまって、 
息子達がいつも遊んでいた カハラビーチに埋めてあげたのです。 
『それはドラちゃんの霊かな?』 とわたくしが言うと 
いつもはバカにする息子も 否定しませんでした。 
以前「動物奇想天外」という番組で 解説をしていた生物学者の仙石先生に 
この「ドラちゃん」の話をしたら 
『こういう動物は、別れが近づくと 自ら死んでしまうことがある。』
 と教えてくださいました。 
確かに、ジャクソンカメレオンは 日本に連れてくることはできません。
 「ドラちゃん」が息子に会いに 来たに違いないと思うのです。


« »